□ 配偶者の収入が給与だけで、その収入金額が1,030,001円~1,409,999円の場合

 

□ 配偶者の収入が年金だけで、その収入金額が1,580,001円~1,959,999円の場合

(65歳未満の場合は、その年金収入金額が1,080,001円~1,513,333円)

 


あなたの合計所得金額が1,000万円を超えている場合は、配偶者特別控除を受けることはできません。

 

給与所得だけの場合、本年中の給与収入金額が12,200,000円を超えるときは、合計所得金額が1,000万円を超えることとなります。